menuBtn
03-5856-2030 contact

楽々荷造り引越センター

  1. TOP
  2. プロの代行が行う引っ越しの荷造り荷解きとは
  3. 引っ越しの荷造りを業者に依頼したときの予算について

引っ越しの荷造りを業者に依頼したときの予算について

《気になるお金のこと》

引っ越し業者に荷物の運搬、運送だけでなく梱包もお願いすることができます。
ダンボールに一つずつ物を詰めていく作業は、とても面倒で時間がかかり、仕事で忙しい人や子育て中の人、妊婦さんは肉体的にも精神的にもきついものです。
引っ越し当日のギリギリになってまで梱包をする人も多いですが、そこで業者に代行してもらうと当日、荷造りを見ているだけで済みます。
手間と時間を省くことができる便利なプランですが、気になるのは予算についてではないでしょうか。
業者によっても異なりますが、どれくらいの予算が必要になるのか知っておきましょう。
一般的には、引っ越し料金は荷物の量や依頼する時期によって大きく変動します。
通常期の単身であれば3万円前後、夫婦、3人家族は6万から6万5000円、それ以上になると7、8万以上かかるでしょう。
繁忙期になると料金がアップし、単身でも3万5000円から5万、夫婦や3人家族であれば8万から10万、それ以上になると12万近くなる場合があります。
出来るだけ予算を抑えたい場合は通常期を狙うのがポイントです。
自分でできる範囲まで荷造りするのも一つの方法です。

《価格以上のメリットがある》

荷造りの代行料金を高いと思う人もいるかもしれませんが、家族数が多く、荷物の量が多い場合は料金以上のメリットを得られるのではないでしょうか。
中には、荷ほどきまでしてもらえるプランもあります。
ダンボールの数が多いほど荷ほどきに時間がかかり、仕事や育児をしながらになると生活に必要なものだけ取り出して、衣類や装飾品、生活用品のストックなどは1週間以上かけて片づけをする人も多いです。
新居がいつまでも片付かないと新生活のスタートを気持ちよく切ることができないため、お金はかかりますが代行してみてください。
プロは無駄な作業なく、スタッフ数名で行っていくため、数時間で終わるでしょう。
このプランをより上手に活用するポイントは、配置場所や一緒にまとめて欲しいものをあらかじめ決めておくことです。
考えながら指示していくことも可能ですが、ある程度決まっていればスムーズに進みます。