menuBtn
03-5856-2030 contact

楽々荷造り引越センター

  1. TOP
  2. プロの代行が行う引っ越しの荷造り荷解きとは
  3. 引っ越しの荷造りの理想的な進め方とは

引っ越しの荷造りの理想的な進め方とは

《理想的な進め方》

引っ越し作業で最も大変なことは荷造りではないでしょうか。
ワンルームでも細々としたものが多い場合や、食器を一つずつ新聞紙で包んでいく作業は、とても時間がかかります。
転勤などで急に引っ越しが決まった時は、急がなければならないため、効率よく荷造りをしていかなければなりません。
しかし、進め方がわからない人もいるのではないでしょうか。
理想的な進め方を知った上で、準備をしていく必要があります。
時間がかかるため、早くから開始すると余裕を持って終わらせることができるイメージがありますが、生活に必要なものは引っ越す直前まで使うため、使わないものから梱包していくのがポイントです。
例えば、押入れです。
押入れには普段使わないものが多くしまわれており、いらないものといるものを仕分けして、捨てるものは不用品回収業者などに依頼するなど時間がかかるため、最初に取り掛かりましょう。
また、ストック類や季節的に着ない衣類も梱包しておくといいかもしれません。
洗面所やキッチン周りは毎日使うものが多いため、最後にダンボールに詰め込んでください。

《梱包のポイント》

玄関から遠い部屋から梱包していくのもポイントです。
なぜなら、玄関の近くから始めると外出しにくくなり、部屋に入りにくくなるからです。
生活のしやすさを大切にしながら、準備していく必要があります。
リビングなど家族が集まる場所や1日の中で過ごす時間が多い空間が荷物で溢れ返るのを避けるためには、荷物をまとめておく部屋を一か所に決めておくことがポイントです。
また、ダンボールに詰め込む時は軽いものをサイズの大きいダンボールに、重量のあるものは小さいダンボールに入れましょう。
本や食器類は小サイズ、衣類は大サイズがお勧めです。
そうすることで、持ち上げた時に底が抜けるのを防ぐことができます。
引っ越し準備は2週間前を目安に開始しましょう。
このように理想的な進め方がありますが、知っていても実践できない人もいるはずです。
面倒な人や時間がない人は荷造りも業者に任せてみてはいかがでしょうか。
プロに任せるのが一番効率よく進みます。