menuBtn
03-5856-2030 contact

楽々荷造り引越センター

  1. TOP
  2. プロの代行が行う引っ越しの荷造り荷解きとは
  3. 引っ越しの荷造りで必要な道具とは

引っ越しの荷造りで必要な道具とは

《欠かせないモノとは》

引っ越しは荷造りなどの準備をしなければなりません。
その準備に必要な道具を用意しておかなければ、スムーズに荷造りを始めることができないため、どのようなモノが必要なのか、あると便利なモノは何かなど知っておくといいでしょう。
欠かせないモノはダンボールやガムテープ、ハサミ、マジックペン、新聞紙、ゴミ袋です。
荷物の量や同居人数によってダンボールの数は異なりますが、単身でも20個は用意しておくといいかもしれません。
ファミリー層では45個は用意しておきましょう。
引っ越し業者が用意してくれる場合もありますが、何枚まで無料でもらえるのかを確認し、足りないときは自分で用意してください。
直前で足りないことに気がつくと、搬出作業に間に合わなくなる可能性があるため要注意です。
ガムテープも足りなくなると不便であるため、余裕を持っておくことをお勧めします。
マジックペンは梱包したダンボールに何が入っているのかを記入する時に使います。
ボールペンでも可能ですが、見やすく書いた方が荷ほどき作業も楽になるでしょう。

《あると便利なモノ》

あると便利な道具は、セロテープや気泡緩衝材、ドライバーなどの工具です。
セロテープは、液体容器の蓋を塞ぐことや新聞紙や袋の口を留めるのに活躍します。
用途は幅広いため、余裕をもって購入しておきましょう。
気泡緩衝材は、割れ物を梱包する際に活躍します。
新聞紙やフェイスタオルで代用する人もいますが、気泡緩衝材の方が確実です。
梱包も楽であるため、ホームセンターで購入し、用意しておくことをお勧めします。
ドライバーなどの工具は家具を解体する際に使います。
新居で家具を組み立てる際も使用するため、工具セットは準備しておいた方がいいでしょう。
このように引っ越しの荷造りには必要なものがたくさんあり、面倒な作業が多いです。
仕事や育児などで忙しいと準備する時間が取れないため、代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。
業者に依頼すると道具を用意する必要もなく、便利でスムーズに引っ越し作業が終わります。
荷ほどきサービスも利用すると新生活がスタートしやすいため、上手に活用してみてください。