menuBtn
03-5856-2030 contact

楽々荷造り引越センター

  1. TOP
  2. プロの代行が行う引っ越しの荷造り荷解きとは
  3. 引っ越しまでに荷造りが終わらない場合には

引っ越しまでに荷造りが終わらない場合には

《準備が終わらないとどうなる?》

引っ越しの日程が決まったら徐々に準備をし始めなければなりません。
ある程度、日程に余裕があれば計画を立てて少しずつ取り組んでいくことができますが、仕事や家事、育児などに忙しく、なかなか時間が確保できない人もいるのではないでしょうか。
中にはすぐに終わると思って先延ばしにしていたために、当日になって間に合わなかったというケースがあります。
引っ越し業者へ依頼する際、依頼主が当日までに荷造りを終わらせている必要があるため、終わらない時は追加料金を支払って引っ越しスタッフに手伝ってもらうことになるでしょう。
荷造りも行ってくれるプランではない限り、スタッフは準備が終わっていること前提で作業しにくるため、スケジュールが大幅に崩れて高い追加料金を請求される可能性があります。
場合によっては引っ越し作業を拒否されることもあるため、注意しなければなりません。

《無理に終わらせる方法》

無理に終わらす方法もあります。
それは、ひたすらダンボールに詰め込むことです。
綺麗に詰め込むと時間がかかるため、目についたものからとにかく箱に詰めていきましょう。
食器類は割れる危険性があるため、新聞紙で包む必要はありますがそれ以外のものは多少、雑に詰めても破損することはないため、入るだけ入れてください。
それでも終わらなかった時は、後から車を用意して運んだり、宅急便を使って新居に送るのも一つの方法です。
しかし、遠方だと車で運ぶのが難しかったり、宅急便は距離やダンボールのサイズによって料金が高くなるため気をつけなければなりません。
1個、2個くらいであれば数千円で済みますが、大きなサイズのものを何個も送ると1万円以上かかる可能性があります。
このように余計な出費と労力が発生するため、終わらない可能性がある場合は早い段階で荷造りの代行業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
当日の数時間前に終わらないと判断して依頼するのは難しいですが、初めから終わらない可能性があると分かっていれば余裕を持って代行を依頼しておくと安心です。
余裕を持って予約をすると希望した日時に作業してもらえるため、スケジュールも立てやすくなるでしょう。